読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み物は常温です

冷え性に悩む主婦の毎日

受取拒否してもメリットなし

今月からついにマイナンバー制度の通知が開始されたけど、今のところ私のところにはまだ通知が届いていない。
郵送で送られてくるそうなので、まあそのうち届くだろう・・・なんて思っていたんだけど、なんと最近ネットではマイナンバー通知の受取を拒否しようという呼びかけが広まっているんだとか。
きっかけは、今年の春頃から広まったツイート。
「政府が一番恐れているのがマイナンバーの受け取り拒否です。……国民の過半数が拒否したら、マイナンバー、終わります」というツイートがアップされて以降、多くの人が賛同してメッセージが拡散。
反響はどんどん広がり、受取拒否運動に発展しているらしい。
じゃあ実際にマイナンバー通知の受取を拒否できるのか・・・というと、実は拒否することも可能なんだとか。
マイナンバー通知は市町村から簡易書留で届くんだけど、不在の場合は1週間以内に郵便局まで受取にいくか、あるいは再配達してもらう。
でもそこで受け取られなかった場合、市町村に返却されて役所内で保管されるんだって。
これで一応「受取拒否」にはなるけど、これはあくまで通知を受け取っていないだけで、ひとりひとりにマイナンバーが交付されているという事実は変わらないんだよね。
だからマイナンバーの受取拒否=マイナンバー拒否にはならないわけで。
要するに無意味だし、むしろ今後の生活であれこれ支障が出てきてしまうから、ここはやっぱり素直に受け取っておくのが正解なんだと思う(汗)