読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み物は常温です

冷え性に悩む主婦の毎日

得意な方がやる、というルール

亭主関白の人が言う典型的なセリフのひとつに「誰のせいで生活できていると思っているんだ!」というのがある。
これは外で稼いでいる夫が、主に専業主婦の妻に言うセリフとして知られているのだけど、男尊女卑が当たり前だった一昔前ならともかく、今はこんなセリフを言ったらあちこちから非難が集中するのは必須。
ところが実際にはこういう考え方の人は意外に多いみたいで、ネットでも「外のことをしない専業主婦が家のことをしない夫を悪く言うのはおかしい」とか、「専業主婦は家事という労働で安定した生活を買っているわけだから、働くのは当たり前」という意見も見られるのだそう。
一方で、「専業主婦なんだから家事をすべてやるのは当然だけど、そのぶん休みがないというのは夫も考慮するべき」という意見もあって、考え方は二分されているみたい。
うちは一応共働き夫婦だけれど、数年前までは子供が小さい事もあり、専業主婦でいた時期があった。
そのときは自分の仕事は家事であり、育児なので、外で働いている夫に家事をやってもらおうなんてことは思わなかったなあ。
でも夫も「誰のおかげで~」なんてセリフは言ったことがない。
おそらく自分の母親が専業主婦で、その姿を見ていたから、専業主婦をさげすむような考えは持たないのだろうと思う。
ちなみに共働きになった今も家事のほとんどは私が担当。
夫がやるのは自分が食べた食器を洗うくらい。
それもたまに忘れたりするし、脱いだものもそのあたりに散らかっていることが多いし、炊事、掃除、洗濯もすべて私がやっている。
端から見れば不公平なんだろうけど、でもこういうのって得意な方がやればいいことかな~とも思うし。
たとえば車の運転は私も夫もできるけど、夫の方がうまいから、夫婦でいるときは毎回夫が運転するしね。
まあたまに負担割合が違うなあと思うことはあるけど(笑)そういうときは家事の手を抜けばいいだけの話だしね。