読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み物は常温です

冷え性に悩む主婦の毎日

子供たちの手作りカレー

お題「我が家のカレー」

 

我が家のカレーは普通に豚肉、じゃがいも、にんじん、たまねぎなんかを入れて煮込んだカレー。
子どもの頃からカレーには豚肉というのが定番だったので、大人になり、結婚して自分の家庭を持ってからもポークカレーが主流。
それ以外は何の変哲もないカレーで、作り方はカレーのパッケージ裏に記載されている方法とほとんど変わらないと思う。
で、先日のこと。夏休みだからか、子供たちが自分でカレーを作ると言い出した。
まあそもそものきっかけは、料理好きじゃない私が、暑さも相まって「ご飯作りたくない~メンドクサイ~」とブツブツ言っていたことなんだけど(^_^;
お母さんはゴロゴロしてていいよ。手を出さないでね・・・・というので、一抹の不安を覚えつつ、それでもこれも勉強のうちかと思ってお言葉に甘えさせてもらうことにする(笑)
作り方はパッケージの裏に書いてあるから大丈夫かな、と思ったんだよね。
ちなみにパッケージ裏に記載されている作り方は4人分だけれど、その時は夫が出張中。さらに下の子はそれほど食べないので、作る時は半量でいいと教えた。
上の子は中学生だし、下の子は自分で料理を作ったこともあるから、あまり心配していなかった。
ところが、結果は・・・失敗(^_^;
敗因は、半量にしたのに煮込み時間を半分にしなかったこと。
ま、要するにルーを入れてから煮込み過ぎたんだよね。
量も少なかったからこげつきやすかったんじゃないかなあ。
それにカレールーを入れてからだと底の状態が見えにくくて、こげていることに気付かなかったらしい(^_^;
うちはIHなのでこげついても火事の心配はないんだけど、さすがに子供たちはガッカリ。
でもこれで、次回は失敗しないだろうし。それにこげを取りのぞけばなかなか美味しかった。
何より、自分で作らない料理ってやっぱり最高だ(笑)