読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み物は常温です

冷え性に悩む主婦の毎日

流行ってたのはフットベース

今週のお題「何して遊んだ?」

 

子供の頃流行っていた遊びって年代によって違うと思うんだけど、私の場合、小学校の時はフットベースが流行ってたなあ。
全国区ではフットベースよりキックベースという名前の方が一般的みたいだけど(^_^;)たぶんルールは同じで、ピッチャーが転がしてきたボールを足で蹴って出塁するというのが大まかな遊び方。
野球とかだと、未経験者はバットをボールに当てるのすら難しいけれど、フットベースの場合、転がってきたボールを蹴るだけだから、初めてでも三振するってことはあまりない。
用意するのもボールひとつだし、小さな野球ボールに比べれば取るのも追いかけるのも楽ちんなので、まさに小学生向けの遊びだなと思う。
まあフットベースするにはそれなりのスペースが必要なので、校庭が混雑する昼休みは、真っ先に誰かが校庭に走って行って陣取りしていなきゃいけないっていうデメリットはあるんだけど(笑)
ちなみに遊びだけでなく、学校の体育の授業でもやっていて、だからこそ流行ってたんだろうなあ。
打者は順番だから、サッカーみたいに上手な子だけがボールを独り占めするってこともないし。
私は自他共に認める運動音痴なんだけど(^_^;)フットベースは難しいテクニックがいらないから、私でも結構楽しめたのを覚えている。
でも今小学校に通う娘の話を聞いていても、フットベースあるいはキックベースの話って出てこないんだよなあ。今の時代の小学生はやらないのかなあ?