読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み物は常温です

冷え性に悩む主婦の毎日

若年性更年期障害に注意

更年期障害と言えば、閉経した中高年以降の女性が発症するもの・・・というイメージがあるけど、最近は若年性更年期障害を患う人が増えているらしい。
なんと早い人は20代でも更年期障害に悩まされている人がいるようで、毎日イライラしたり、生理痛がひどかったり、不眠気味だったりする人は更年期障害の可能性もあるんだとか。
そんなに早く更年期障害になるものなの?とびっくりしたんだけど、そもそも更年期障害というのは、月経が止まることで女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れることによって起こる症状のこと。
つまり女性ホルモンの分泌量が減れば、年齢にかかわらず更年期障害になる可能性があるってわけ。
ちなみに女性ホルモンの分泌量には個人差があるけれど、女性の卵巣のはたらきは30歳をピークの徐々に低下し始め、40歳ころになると急激に減少するんだそう。
単なる毎月の生理でもイライラしたり、頭痛や腹痛に悩まされたりするんだから、更年期障害になったらかなりつらい症状に悩まされるんだろうなあと思う。
ただ、20代や30代で更年期障害が訪れる原因の多くはストレスや不規則な生活に由来しているそうで、要するにこれらを改善すれば更年期障害の症状を軽減できる可能性があるとのこと。
私は毎日定期的に生理があるから大丈夫・・・と思っていたけど、念のため若年性更年期障害チェックをやってみたら、いくつか当てはまる項目が多くてびっくり(汗)
まあ更年期障害に直結してるとは思わないけど、でもリストに載っている項目はどれも「疲れ」とかで済まされるような症状ばっかりだから、自覚がないうちに更年期障害になっていたらと思うとちょっとぞっとした。